クラブ概要

クラブ紹介

主な大会成績 【U-15】2013年度 東京都U14サッカー大会ベスト8
【U-15】2016年度荒川区レディースサッカー大会優勝/準優勝
【U-15】2016年度全日本女子ジュニアユース選手権大会東京都予選ベスト16
【U-12】2015年度/2016年度荒川区少女サッカー大会優勝
名称 FC HERMANA
(運営元:NPO法人スポーツカントリーアンビスタ)
チーム名の由来 HERMANAとは、スペイン語で「姉妹、姉、妹」という意味です。
私たちはサッカーを通じて、妹のように可愛らしい少女を、姉のように温かく優しい女性へと成長させたいと思っています。
隣で困っている人がいたら自然と手を差し伸べることができる。
周りに自然と人が集まってきて、みんなを笑顔にすることができる。
そんな魅力的な女性を育て、社会に輩出していきたい、そんな想いが込められた名前です。
設立 2007年4月1日(U-15ジュニアユース)
2015年4月1日(U-12ガールズスクール)
2016年6月1日(キッズコース)
設立目的 ①サッカーを安全に楽しむ環境及び適切な指導の提供による荒川区近辺(足立区・葛飾区など)の女子サッカーの普及。
②サッカー通じて仲間を作り、協力し、目標の達成を目指すことで、自立し、他者と共創できる人間の育成。
指導理念 『共生と共創による真の共育の実現』
子どもたちと12年間という時間を「共」に「生」き、チームを「共」に「創」り、明るい未来に向かって「共」に「育」っていくという想いをスタッフ全員が持ち、一人ひとりにあわせた指導を行っています。
育成方針 私たちはサッカーにおける基本的なテクニック・フィジカル・メンタル・タクティクスとともに、サッカーを通じて、礼儀・仲間を思いやる温かい心・目標の実現に向けて努力を積み重ねる強い心など、真っ直ぐ芯が通った人間の育成に努め、心身の健全な成長を促します。
チームの約束 1)挨拶、言葉遣い、返事等、相手を思いやった礼儀とマナーを身に付けよう。
2)文武両道は当たり前。サッカーでも勉強でも具体的な目標を立て、実現に向けて努力しよう。
3)他人任せにしない。自らの役割を理解し、責任を受け容れ、自立した人になろう。
4)凹を正すのではなく、凸を伸ばす。自分にしかない個性を活かそう。
5)人は誰にでも無限の可能性がある。何事にも情熱を持ち、努力をしよう。
6)すべての出来事・人に感謝を。何事からも学びを得る素直で謙虚な姿勢を持とう。
7)出会った仲間を大切に。想いを一つに団結し、その先に待つ真の感動をつかもう。
目指すサッカー 私たちが目指しているのは選手のクリエイティビティ溢れる、やっている本人も見ている人もワクワクするようなサッカーです。
サッカーボールに自らの判断で意志を吹き込み、それを表現するための確かな技術力を養います。
また、エルマナ在籍期間だけでなく、卒業後もどこでも活躍できるように基本のスキルトレーニングを最も重視します。
対象年代 中学生
小学生
未就学児
主な活動拠点 荒川区立第五中学校
荒川区立第五峡田小学校
荒川区立第九峡田小学校
荒川区生涯学習センター
荒川区町屋ふれあい館
など
問い合わせ先 監督(星野)携帯番号:090-7802-9552

代表アドレス:fchermana2007@gmail.com
基本的な活動日 <U-15ジュニアユース>
 月曜日 荒川区立第三中学校:19時~21時
 水曜日 荒川区内施設(ふれあい館・学習センター等):18時30分~21時
 金曜日 荒川区立第五中学校:18時30分~21時
 土曜日 荒川区立第五中学校:18時~21時(or練習試合)
 日曜日 練習試合or公式戦

<U-12ガールズスクール>
 月曜日 荒川区立第九峡田小学校:18時~20時
 水曜日 荒川区立第五峡田小学校:17時~19時
 土曜日 荒川区立第五峡田小学校:15時~17時30分

<キッズコース>
 月曜日 荒川区立第九峡田小学校:17時~18時
 土曜日 荒川区立第五峡田小学校:15時~16時